平がなで書く街「おもちゃのまち」は栃木県にあります

平がなで書きます。栃木県の「おもちゃのまち」

平がなで書きます。栃木県の「おもちゃのまち」

市町村合併などで古い町名や地名がなくなり、新しい名前がついたところがたくさんあります。日本には平がなの名前のところも増えてきました。たとえばむつ市やつくば市、さいたま市、いわき市などがあります。ところが「おもちゃのまち」という町名のところがあるのです。「おもちゃのまち」とまちも平がなで書くのは珍しいのではないでしょうか。ここは「栃木県下都賀郡壬生町おもちゃのまち」というれっきとした地名だそうです。


おもちゃのまちの歴史は意外と古く、1977年(昭和52年)にまでさかのぼります。もっと前から玩具メーカーがたくさんできて、おもちゃのまちとして発展してきたのですが、「おもちゃのまち駅」にちなんで地名に決まったそうです。ちゃんと住居表示もそうなっているのですよ。なんだか夢の世界にいるみたいなかわいい地名ですね。しかもおもちゃの工場などができて人口が増え、新しく小学校もできたそうです。ただし、小学校は「おもちゃのがっこう」ではなく、「壬生町立睦小学校」と言います。おもちゃのまちと言うだけあって、街にはおもちゃに関することがあふれているそうです。


平がなで書きます。栃木県の「おもちゃのまち」

子供の夢を作り出す団地です

子供の夢を作り出す工場団地「おもちゃのまち」は昭和時代から

おもちゃのまちを取り巻く住宅事情

おもちゃのまちを取り巻く住宅はベッドタウンとして変化

平がなで書きます。栃木県の「おもちゃのまち」子供の夢を作り出す団地ですおもちゃのまちを取り巻く住宅事情サイトマップ